2008-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ Key

一日の業務を無事終了。
さて、帰るとしますかな。
んじゃ一応身の回り…

ア、アレ!?


チャリンコのカギがない!


ホレホレ、あなたも経験したことあるでしょ。
おれあんまモノを無くさないんだけどね。
行動範囲で落とした可能性はほとんどないし…。

ムムム…、待てよ。

これ前科アリだけどひょっとして、
そもそも駅前に停めて、
荷物多かったからテンパって、
あのワイヤー輪っかカギをカマしたのはいいが、


カギ抜き忘れてるかもよ。(爆)


こりゃもう現場まで
祈って行くしかねーな。
いざとなりゃ歩って帰って
合鍵探すか、ペンチでも持って
チャリ機取り返しだわ。

あー充実のシゴトの疲れが


ただの萎え萎え帰り。(爆)





駅で下車。

案外こーゆー時って
急ぐとのは逆に
なんだかゆっくり歩き。


ビビリスローモ。(爆)


前方20Mにマイチャ停まってるけど、
凝視できないで目を逸らしてしまう…。
見たい…見れない…


デートの待ち合わせ状態。(爆)


それでは、ハッピョーいたします!


drum roll...


bang!


あったどぉーっ!



あー、おれのオッチョコチョイに


チョー感謝。(爆)


いやあ、信じてたもんおれ、
絶対やってるって。(爆)


オイラは絶対カギ無くすような醜態
さらすワケがないっ!

抜き忘れは十分ありえる。(爆)
無くすのは人間的欠陥
オッチョコは愛嬌


ドジなおれありがとう。(爆涙)


じゃあ、最後にみんなで声を合わせて言いましょう。


「ハナっからちゃんと抜いとけバーカ」


スポンサーサイト

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

譲り愛

男性諸君、
ワシらの敵を発見発見っ!
女性諸君、


この記事読むなっ!(爆)


勤め帰りラッシュの電車でさ、
まあみんな

「コラこっち寄って来んじゃねーよ」
「オメェーかばん引っ込めろよ」

なんてシノギを削ってる中、
"スポーツマン的日焼け肌
ベレー帽とパンツは白でまとめました"セーネン。

脇のオネェーサンに少し間を取ってあげるだけでなく、
自分の捕まってる吊り革から
外れた位置の方にがんばってます持ち替えして
オネェーサンに、

「トントン、


こっちのに捕まりなよ


ジェスチャーしてるじゃねーかっ!


カチョエ~!(爆)


それがまた外国人のオネーサン、
「じゃあオコトバに甘えて、


ぐわしっ


イイーイイー、ヘンに遠慮しないのが
ヨロスィー!

くそぉ、メンズのんのやってくれるじゃねーか。
大抵は"無言でその吊り革引き渡し"がパターンなのに


斡旋ワザかよ。(爆)


たまにあるけどさー、
揺れが強いときに、ガツーンときたら
腕を掴んであげよう!って
未来予想図だけは。(爆)

オイラがやったら確実に
輪ッパもんだぜ。(爆)

でもおれはそこであえて
その空けた吊り革を"ひょい"と
オネーサン空振りするように避けたりしてっていう
コントを最低3回リピートで見たかったナァ。(爆)
譲った吊り革がお盆ぐらい巨大ってのもアリだな。


同胞たちよ、
今度そのアンチャン見かけたら…


潰しとけ潰しとけ。(爆)


そしておれが吊り革を譲るっ!
このオニィサンの腕輪につかまりなサーイ。

ヌハハハ






テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

オトナのシゴト

ウチの角脇に電柱があんだけどさ。
知らないうちに(オイラが)そのすぐ隣りに
もう一本いつのまにか新しいのが立てられてまして。
ニョキィーっと先細りコンクリ棒。

それもなんかビミョーに一直線に並んでるんでなく
左右ブレとるがなみたいな。
むむむ、反対側も既存の隣りにもう一本。
案外突如として増えていてもわからんもんだなー。
脳トレクイズ番組写真変化チガイ探しと同じじゃ。

はて、それもまた数日すると
カンデンコーの方たちが朝から
わっせわっせとゴンドラクレーン車でやってきて、
ウィーンと電線回したり、
あのゴッツイ乾電池みたいなやつを
飾り付け、テッペンには☆を付けましょう。

ヌヌヌ…
近くで見たい…
ゴンドラ乗りたい操縦したい…

そりゃあウチの窓の真ん前で
やっとるからね、特等席なんだが、
そんなアンチャンと眼を合わせ状態
れーぼー効いとる中から窓ごしに


「へぇーなにやってんスか?」


なんて見れるわけねぇーだろっ。(爆)

ドアのこっちからチョコッと
顔を覗かして、フムフム。


やっぱ現場シゴトってーのは
ちっちゃいころから憧れんのよね。

「おじさんなにしてんの?」
「アブナイからちかくきちゃダメだよー」


ヒョー、なんかカチョエー!(爆)


小学生んとき神奈川に住んでて
トモダチんちの前で遊んでたら
"汲み取り屋"さんがいわゆるバキュームカーっていう
あの科学特捜隊並みにカチョイイ車でやってきて、

キュルキュキュキュグロロロスコォー

ってなカンジでマンホール開けて
巨大ホースでブラックホールのごときイキオイで
それを吸い上げるのを見ていた
ショーネンボクチンは


「うわぁ♡

やらせてやらせてぇー!」


男らしく抱えたそのホースに
その音と手に伝わる感触を全身で感じた…
そんな淡い思い出を思い出すナツなのでありマス。


テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

«  | ホーム |  »

プロフィール

laka4eva

Author:laka4eva
aka Kazoo Okoshi

LA Lakersと寝食喜怒哀楽を共にするポケット命ドラマー

 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

QRコード

 

QRコード

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。