2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだ患者

いつもの病院待ち合い廊下。

隅のテレビから
国営放送の番組だけ
こうるさいだけで
だれもいません。


「ボーッ」(爆)


まあいつものカンジで
10分15分待ちなんだろう。

おじいさんがひとり
脇にやってきて座った。

「受付番号15番の患者サマ…」

女性マシンアナウンスで
ひとつに呼び出し。

オイラはあっちだから
ジイサンじゃねか?

「お宅ですか?」

「いやボクじゃないっス」

歩いてジイサン向こうの方へ確認へ。

たぶんジイサンだけど…。

あっ、看護婦さん出てきた。

「◯◯さーん」

ほらね。

廊下の待ち合いベンチでそのまま
症状をインタビューし始めた。


どうやら石油ストーブの前で
ウトウト寝てしまい、
足をそのままヤケドしてしまい
水ぶくれ痛い痛いらしい。

かわいそうに。


つーかそんなの隣りで聞かせるなよっ。(爆)


眼をつぶって

"そんなかわいそうな話は聞こえてないからジイサン心配せんでええぞ"

というフリをしていると今度は
背面側に年配夫婦が来ている。

どうやら具合の悪い父ちゃんの
付き添いでカアチャンも来ているようで

「ほらこっちに足向けなさいよ…」

「だからナントカって言ったじゃない…」

「ブツブツブツ…」

「ナンダどうでもいいって!」

「ヤダ、こんなとこで大きな声出さないでくださいよ」

「ブツブツブツ…」

そうなのだ、

"フテクサレツンケン夫婦モノ言い"

をひろげ出したのだ。


あーだからケッコンなんかしたくないんじゃ。(爆)


しょーがない。
また聞いてないフリをせにゃらない。


ニンジャみたく気配を消すのだ。(爆)


はやくおれの番号呼んでくれぇ~。
某女子アナ似のおれのセンセー


はやく癒しておくれ。(爆)


そしてボクのセンセは
春の人事で移動が決まり
今回で最後、もう会えないなんて…。
(カンケーねーダロ)

とにかくカナスィー病院だった。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kzok.blog17.fc2.com/tb.php/979-040ffe37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

laka4eva

Author:laka4eva
aka Kazoo Okoshi

LA Lakersと寝食喜怒哀楽を共にするポケット命ドラマー

 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

QRコード

 

QRコード

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。